日英翻訳コンテスト

8/4(日) 共同通信
見出し

戦後憲法裁判の記録を多数廃棄 自衛隊や基地問題、検証不能に

本文 自衛隊に対して一審の札幌地裁で違憲判決が出た長沼ナイキ訴訟や、沖縄の米軍用地の強制使用を巡る代理署名訴訟など、合憲違憲が争われた戦後の重要な民事裁判の記録を全国の裁判所が既に廃棄処分していたことが分かった。

米国などでは原則永年保存され閲覧できる。

皆様からのお便り

2回目の応募になります。前回は入選だったので、さらに上を目指そうと思います。

ケイン様(東京都 英文事務)

ぜひ頑張ってください。英訳を繰り返すことで、英語表現に関する情報が蓄積されてきますから、結果的に自信へとつながっていきます。

(添削者 藤井)

パソコンが故障してしまい、スマホで作業したのですが、とてもたいへんでした。今更ですが、パソコンないと無理ですね。

ミル様(神奈川県 会社員)

それは大変でしたね。可能であれば、パソコンはメインとサブを準備しておいて、メインが使えないときにサブ機を使用するようにすれば、安心です。

(添削者 藤井)

初めてチャレンジさせていただきます。
英字新聞・英字雑誌の読者を想定して翻訳いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

Anthropologist様(千葉県 パート)

非常に良いご認識だと思います。単に翻訳すればよい、というのではなく、
読み手を意識することでさらに英訳が深まっていきます。
ぜひ、続けてください。

(添削者 藤井)

法律用語に馴染みがなく、大変難しかったです。

青空様(大阪府 講師)

確かにそうですね。法律用語はなじみがないだけ、堅苦しいですよね。
最近はインターネットが普及しているので、法律用語も検索して調べることができます。
ぜひ次回も頑張ってください。

(添削者 藤井)

ほんの少し暑さが和らいできた感じがします。
この2件の訴訟については含まれていなかったのですが、高校生の時に政治・経済の授業で合憲/違憲をめぐる訴訟について勉強したことを懐かしく思い出しました。個性的な先生だったので、その時のことをよく覚えています。
久しぶりの応募ですが、よろしくお願い致します。

ツネリーヌ様(神奈川県 会社員)

翻訳のメリットは、英語だけではなく、訳す内容についての知識が深まることです。
過去の勉強の知識をきっと思い出されたのではないでしょうか。
ぜひ次回も頑張ってください。

(添削者 藤井)

いつもご指導ありがとうございます。恐縮ですがお願いがあります。
見出しは英文和訳では課題の対象になっていますが和文英訳では対象外のままです。そろそろ見出しも課題の対象としていただけないでしょうか?また、課題の量も少ない気がします。もう少し増やしていただくことは可能でしょうか?ご検討のほどよろしくお願いいたします。

Koony様(千葉県 無職)

毎回、素晴らしい英訳をありがとうございます。
ご依頼の件につきましては、出題者の方針があるため、即答ができません。
いろいろとご不満もあるかもしれませんが、現行の課題を引き続きご活用いただきますよう、お願い申し上げます。

(添削者 藤井)

お久しぶりです。
一時よりは涼しくなりましたが、まだ残暑が続くかと思われます。皆さんご自愛ください。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。

ヨウ0103様(埼玉県 会社員)

まだまだ残暑きびしいようですね。
引き続き、頑張ってください。

(添削者 藤井)

こちらこそ、毎回学ばさせていただいております。ありがとうございます。ちょっと都合によりしばらく添削無しですが、また添削ありで投稿していきたいと思います。よろしくお願い致します。

Shozo様(愛知県 設計・技術翻訳)

ご承知の通り、英訳にはこれが正しい、という正解がありませんから、和文をどのように理解するかという読解力と翻訳対象についての知識力も不可欠です。
引き続き、よろしくお願いします。

(添削者 藤井)

この記事そのものと、訴訟のこと両方を課題で初めて知りました。資料は保存しておいてほしいなと思います。

modesta様(イタリア 主婦)

確かにそうですよね。裁判は本来国民のためのものですから、
関係資料は保存して管理すべきです。
このように内容についても認識が高まるのが、翻訳のメリットと言えます。
次回も頑張ってください。

(添削者 藤井)

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.