日英翻訳コンテスト

出題中の問題:第139回

応募締切:応募終了 優秀者発表:2022年8月12日(金) 過去問レビューの一覧へ

以下の日本語(本文のみ)を英語に翻訳しなさい。

卵黄の部分を黄色からオレンジ色にするために飼料に色素を加えるなどの技術開発をしたそうだが、如何にも日本人らしい細工だなと思う。

ともあれ、人間の食糧だけではなく家畜の飼料についても輸入に頼らない地産地消の循環型農業は、日本の食糧安保に繋がる重要な取り組みだ。とりわけ、トウモロコシを米に代える方法は、米余りで赤字経営の日本の農業生産者にとっても朗報だと言えよう。

日本農業新聞 2022年7月7日(木)
見出し

鶏用飼料の半分を米に 全農が特許取得

本文 JA・全農は、採卵鶏向けの配合飼料の半分を飼料用米に置き換えられる技術を開発し、特許を取得した。水田の維持や飼料自給率の向上につながると期待される。価格は通常の配合飼料より割高だが、国産飼料用米の利用などで鶏卵の付加価値が高められる。

採卵鶏向けの配合飼料は、輸入トウモロコシなどの穀類が半分を占める。全農は、この穀類の全て(50%分)について米に置き換える技術の特許を2020年7月に出願し、今年5月に取得した。
Present!各部門の最優秀者にはAmazonギフト券500円分をプレゼントいたします。

初めてチャレンジされる方へ

●時事英語翻訳の美しさを競います。
 詳しくはご利用案内をご覧下さい。

●コンテストへの応募は無料会員登録の上、応募チケットが
 必要となります。詳しくは応募要項をご覧ください。

コンテストにチャレンジ!

応募フォームへ >>

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.