日英翻訳コンテスト

現代ビジネス 2019年7月8日(月)
見出し

解剖医が「ミイラになった遺体」から考えた、この国の厳しすぎる現実

本文 運ばれてきたのは40代の男性だ。解剖台に載せられた遺体を見ると、手足は乾燥してミイラ化している。死後2週間ほど経過しているように見える。遺体を見るとやせていて、垢で皮膚が茶色になっている。遺体は腐敗していて、解剖しても死因はわからなかった

男性は勤めていた誰もが知る大手銀行を辞め、家にひきこもるようになってからわずか3年後に亡くなった。

最優秀回答

このページは当サイトの会員様のみご利用いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.