日英英語検定

読売新聞オンライン3/24(水)
見出し

日本から海外へ養子、9年で336人…政府は把握しておらず

本文 日本から国際養子縁組で海外に渡った子供が、2011~19年の約9年で少なくとも336人に上ることが、ハーグ国際私法会議(HCCH)が公開している統計や米国務省の資料でわかった。

7割弱が1歳未満の乳児だった。人身売買に巻き込まれることなど様々な問題が指摘される。世界的に減少傾向にある中で、日本では増加傾向にある実態が浮かび上がった。

皆様からのお便り

日本独特の言い回しや、語順をどうやって訳すかで苦戦しました。自然な文章を描こうと頑張りました。

おまるまる様(東京都 学生)

ご質問への回答の繰り返しになりますが、いろいろな英文を読んでインプット量を増やしていかれることをお勧めします。

(添削者 藤井)

よろしくお願いします。

ムー様(大阪府 主婦)

全体的には、よく訳されています。
時制の使い分けをして、訳してみてください。
英語の時制は日本語にはありませんので、
少し戸惑われるかもしれませんが、
いったん理解されると、納得していただけると思います。

(添削者 藤井)

いつもありがとうございます。国際養子縁組が日本で増加傾向にあることは知りませんでした。今回は参考資料がほとんど見つからなかったのですが、却って有意義な翻訳作業になりました。様々な話題を取り上げて頂けることは有難いです。

みわ様(神奈川県 主婦)

課題の背景を調べるのも英訳するには役に立ちます。
英訳では、時制を使い分けることをひとつの目標として
取り組んでいってください。

(添削者 藤井)

初めて応募させていただきます。
優秀者を目指していきます!

Kyoko K様(山形県 フリーランス)

全体的にはわかりやすい訳ですね。
的確な訳で非常によいと思います。


(添削者 藤井)

以前「翻訳は原文に忠実に」とご指導いただいたので余計な言葉は極力入れないようにしました。
それでも読みやすくするために、たとえば”upward trend”の後に、”in the number of international adoption”などと入れることも避けた方が良いですか?

また、international adoption とintercountry adoptionの両方が使われているようですが、どのような違いがありますか?

よろしくお願いいたします。

hisako様(神奈川県 アルバイト)

「原文に忠実」とは、「原文の意味に忠実」
  ということですから、原文に書かれていなくても
in the number of international adoption と     


読み取れますので、特に問題ないと思います。
また、なくても情報としては伝わっていますので、問題ないと思います。
international adoption は国際養子縁組
intercountry adoption はやはり国際養子縁組 のようですが、
どちらかといえば、一般的な国際ではなく、ひとつの国と別の国の間、という意味合いが強いのではないかと思います。
尚、今回はお便り欄にて、ご質問にお答えしましたが、以後は応募訳の提出と合わせて質問をしてください。

(添削者 藤井)

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.