日英英語検定

THE PAGE 6/25
見出し

ノーベル賞・野依博士 “教育最貧国”の日本

本文 考える力、答える力が落ちていると言われるが、最も心配なのは「問う力」がほとんどないことだ。

誰かの作った問題に答える習慣が染み付いている。幼い子供たちは好奇心を持つものだが、学校教育が疑いを持つことを許さないのではないか。

平凡な既成の問題に答えてもまったく意味を成さないということが、なぜ分からないのか。

最優秀回答

このページは当サイトの会員様のみご利用いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.