日英英語検定

総評

出題者から皆様へ

今回の課題は、人類滅亡までの時間を象徴的に示す「終末時計」について述べています。課題の内容によれば、終末時計は「前例のないリスクが猛烈な勢いで続いている」として、去年と同じ「残り90秒」と発表されました。この結論は、今年のウクライナでの戦争だけでなく、ガザ地区での戦闘が複数の核兵器保有国などが関わる紛争へ拡大するとの懸念から導かれました。これらの情勢は、世界の安全保障環境がますます不安定になっていることを示しており、その結果、人類滅亡までの時間が短縮されていると終末時計は警告しています。したがって、この記事は、国際的な緊張が高まる中で、わたしたちが直面している危機の深刻さを強調しています。終末時計の「残り90秒」は、人類が直面している脅威とその可能な結果について深刻な警告を発しています。今回の課題は、わたしたちが直面している現実を強調し、行動を促すための重要な呼びかけとなっています。

このような世界情勢はやはり、日本語ではなく英語で発信されますので、グローバル化には翻訳が必要不可欠なスキルのひとつであると断言できます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 (学園からのご案内)
新講座のご案内

「音声解説付き」の閲覧型講座を新設しました。
詳しくは下記URLの講座案内をご覧ください。

  ⇒ http://tinyurl.com/u25mhykt

  詳細は、下記学園本部へメールでお尋ねください。
--------------------------------------------

 (有)斉木学園本部

〒754-0603 山口県美祢市秋芳町別府3684番地
Tel. 0837-64-0222
E-mail:info@saikigakuen.com

Copyright(C) Saikigakuen Co., Ltd.